ブログトップ | ログイン

我レ、バイク乗リ也

ginbusa.exblog.jp

バイク乗りへの起死回生♪

ハイエース改造(断熱・防音) 検証結果


モテギ往復での高速200km、一般道230kmでの検証結果


【断熱】

 1 シート下(エンジン熱)
   ・走行中、ほぼ皆無
   ・停止時、少し暖かく?感じるレベルで、気にならず

 2 ルーフ及びサイド(直射日光、外気温)
   ・締め切った状態で、ルーフライニングは暖かくない
   ・車内温度は上がるけど、窓からの熱が大きい
   ・ドアを開放していると、日陰で外気より涼しい
   ・気密アップでステアリング操作時の車内への空気流入は感じられない
   ・いずれにせよバイクは熱くならない

 3 フロア(エンジン熱、道路反射熱)
   ・暑さは全く感じない

 ≪評価:効果有り
   ・外気からの熱断熱はほぼ完璧
   ・エンジン熱遮断はノーマル比では絶大な変化
   ・窓にはフィルムを二重で貼り付けており、駐車時はサンシェードを活用


【防音】

 1 シート下(エンジン音)
   ・アイドリング音は、若干ながら低下
   ・走行時、オーディオ音量の低下(一般道11→7、高速道12→8)
   ・高速走行時、エンジン音よりロードノイズが気になる

 2 ルーフ及びサイド(降雨、風切り音)
   ・フロントガラスの雨音以外は聞こえない
   ・ドア周辺からの余計な風切り音は聞こえない
   ・リアピラーの換気ファン音が気になる

 3 フロア(ロードノイズ)
   ・殆ど感じられない
   ・今まで気にならなかったブレーキとアクセルからの振動が感じられる

 ≪評価:効果有り
   ・停車時はリアピラーの換気ファン音が気になるくらいの静けさ
   ・走行時もエンジンの唸りや騒音は気にならない
   ・カップホルダー等の内装品、車載バイクの音が気になる
    

【その他】

 1 シート防振
   ・解らない(笑)

 2 車体強度
   ・剛性が増し、ルーフに乗っても軋まない

 3 半ドア
   ・頻度アップ(汗)


【今後の検証】
 1 降雨時の高速走行
 2 冬期の外気遮断
 3 夏季炎天下での断熱
 4 車内装備品の防音、断熱処置



こんな感じでした!
費用対効果を考えると・・・結構いい価格(笑)
ショップだとプラス工賃がかかることを考えると、
クルマの構造を憶えることが出来たし、いい勉強になったと思います



以後の改装プランとしては

ノイズレデューサー(タイヤハウス内の防音制振)

レアルシルト デフュージョン(ドア裏スピーカーの音質向上)



バイクにも乗らずにトランポばっか触ってる(涙)
by ginbusa001 | 2012-10-21 14:17 | ハイエース | Trackback
トラックバックURL : http://ginbusa.exblog.jp/tb/19074823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]